宮沢章夫

宮沢章夫の本を、僕は近いうちに読むだろう。というか読め、面白そうだから。