読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平山相太

12月30日、ヘラクレス対フィテッセの前半、平山相太はとんでもない活躍を見せた。まず24分に右サイドからのクロスに走りこんでヘディングでゴールを決めた。33分にはGKの股下を抜くシュート性のクロスが2点目のアシストになり、そして39分には右サイドをドリブル突破して、コーナーフラッグ付近から強烈なクロスをあげて3点目をアシストしたのである。


2003年の高校選手権。たまたま時間があったんでかなりの試合をテレビで見たんですが。その時強烈な印象を受けたFWが二人いました。国見の平山相太市立船橋カレン・ロバートです。
平山はでかいからヘッドが強いのはいいとして、足回りも上手い。ゴール前の胸トラップからシュートとかキレイでした。相手DFは何してるんだろうとか思うくらいズバ抜けてた。オランダ行って、上手いこといけばすごい選手になるんだろうなと思ってましたが、もう結構すごいことになってるんですね。なんか日本のFWって、一発屋みたいに鮮烈な印象を残した翌年には点の取れない選手になっちゃうイメージがあってね。こっちが期待しすぎなのかも知れませんが。平山は大丈夫かなぁ。
カレン・ロバートはハーフで顔が格好良く、そのうえ強烈なミドルシュートを決めやがったので「モテるんだろコノヤロ!」と思ったのが印象的だったのでした。さっきジュビロのオフィシャルサイト見たら、ちょっとおっさんになってたので、安心しました。