読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はあかりの日

休みだよ。疲れがたまっておるのですごい寝た。朝も遅く起きて、飯食ってまた寝て。昼過ぎまで寝てたなぁ。ヨメちゃんが用事があるので出かけたんだけど、直前まで寝ていた。出がけにヨメちゃんがタロを寝かしつけていったので、物音を立てないように本を読む。No.6読了。面白い。恩田陸の「ロミオとロミオは永遠に」に近い感じがあるけど、ロミオ〜はどこか作り物めいていて入り込めなかったんだけど、No.6は全然面白い。
なもんで一気に読了。もう続きが読みたい。単行本では5巻まで出ているのだけど、やはり文庫で読みたいので我慢することにする。どうも読むなら文庫が好きだなぁ。価格というよりは手に持っているサイズの問題だと思う。たまにハードカバーで本が読みたくなる時はあるけど、基本的には文庫か新書のサイズが心地よい。慣れかもしれないな。やっぱ小中学校くらいから本を好きになると、経済的な理由から文庫にならざるを得ない。読むだけなら図書館でハードカバーを借りるという手もあるんだけど、本という形が好きで所有したいと思っちゃうもんだから、そうもいかないわけですよ。まぁ、途中でイラストとかに興味持ち出してからは大きな本も買いましたけどね。画集とかは文庫にならないし、なっても大きい方がいいからね。で、もっと年がたって大人になって、本を作る方になると、でかいの作りたくなるんだなぁ。これはもうほんとに勝手なもんですがね。なんてことを考えたり考えなかったりしているうちに、ちょっとイラスト書きたくなって紙とペンを用意する。僕の中には白衣を着たじいさんというモチーフが根強くあって、医者っぽいキャラがいるんだけど、そのじいさんに物語をつけたくなったので、ちょっと描いてみた。描いたら色を塗ってmixiで連載してみたくなったのでスキャニングして色塗ってたらタロさん起床。にこーっと笑ってこっちに向かって爆走してきたのでお絵描き終了。ふとモニタを見るとGoogleカレンダーに登録しておいた浦和レッズ×川崎フロンターレ戦の情報が表示されたのであわててテレビをつける。タロ今度はテレビに向かって爆走。子どもはテレビが好きだなぁ。動くし音が鳴るからでしょうかね。でサッカー見てたらヨメちゃんが帰宅。タロに飯食わせてないことに気づき、というか僕もろくに食ってないことに気づき、サッカー見ながら飯を食う。結果は2対2の引き分け。面白い試合でした。夕方荷物が届く。タロさんの誕生日プレゼント、椅子にもおもちゃにも手押し車にもなる気のおもちゃ「王様の宝物」が到着したのです。さっそく開封して遊ばせてみると、保育園にあって慣れているからなのか、さっそく遊び始めるタロ。押しながら歩くのも楽しそう。これは祖父母に動画を送らねばと携帯のカメラを向けると、てくてく歩いてちょうど真ん前に来たときにこっちを向いてにこっと笑ってまたてくてく歩くというベストショットが取れました。いやぁ、いい買い物をした。