読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はボイラーデー

気分一新出社2日目。やっぱり朝起きられず昼頃出社。起きられないというか寝られない感じ。さらになんとか寝ようと思ったらタロが泣き出して眠れず。おそらく4時過ぎに寝たと思われます。
昼前にタロを保育園に連れて行こうと電話したら、今日はもうお休みで食事の数とか決めちゃったので、食べてからなら預かれますとのこと。えー、時間的に微妙で無理。というわけで、今日もお休みです。ヨメちゃん頭痛で寝てますが。まぁ、にっちもさっちもいかないので出社。途中図書館で予約してあった本を受け取り。7月から予約していたのがやっと届いたのである。と思ったら、予約されている本はありませんと言われた。あ、確保の連絡から一週間以上経ってるので解約されたんだと知る。仕方なし。会社に行って、もそもそと働く。なんつーか、集中力が三萬です。いや散漫ですよ。ってか何だよ「萬」ってよ。麻雀か。で、新人さんと昼飯を食ったり、デジカメで遊んだりしてみるもスッキリとせず。まぁこういうときはあせらずに、クリエイティブじゃないけど必要なルーチンのようなことをやって後日に備えるが良かろうと思うも、それすらスムースにいかない。じゃあどうするかというと、あきらめて帰ってしまうのがよろしかろう。といっても7時過ぎてるし。ヨメが頭痛いと言ってるし。帰ってタロに飯食わせて風呂炊いて、風呂上がりのタロと遊んで飯食って、風呂入って寝る。超のつくほどの日常。これをきちんと繰り返すことによって、少しずつ力をためていくしかないでしょう。昨日買ったダ・ヴィンチをパラパラめくる。偶然だけど、昨日買った本はすべてほぼ日がらみ。なんとなく日経のサイトで展開されているほぼ日の特集は読まなかったんだけど、活字の方は読んでみたいと思った。なんつーかな、ほぼ日ってのはそういう僕にとってとても好ましい位置にいる。デジタルとアナログとの中間で、どっちにも手の届くところにいる感じ。そういうものに、ワタシハナリタイ。明日は朝からちゃんと保育園行って、会社行って、まず段取り考えて、ちゃんとこなそう。そうそう、とりあえず段取りを考えてから行動するのがよいやね。正直、一週間以上会社休むと、何をやっていたのかを思い出せず。そのまま無理矢理仕事始めると、いらんところを修正してたりする。そこがまた、ほかにもっと大事な修正点があるのだけど、とりあえずそこを修正していれば仕事をしている風な感じという、仕事しているようでサボれるポイントだったりするので始末が悪い。さて、ポジティブシンキングになるのは何日後なのか。