読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は太平洋記念日

雨ですよ。なんでかね。まぁ、今日も片手運転ですけども。保育園に着いたら滑り台が保育室に登場しておりました。木製のしっかりしたやつ。朝の準備どころの話ではなくタロ猛ダッシュ。最近階段のぼりが大好きでねぇ。
まぁ、登るだけでおりられないんですけどね。だから滑り台も階段登るだけ登っててっぺんで困っています。しかも、後続の大きい子たちがどんどん登ってきては滑るので、それほど広くないてっぺんで端っこに寄ってギリギリのバランスを保っている。アホですなぁ。見かねた保育士さんが滑らせてくれまして、床にたどり着いたら意気揚々とまた階段を上りまして、以下同文。さて会社。着々と引っ越しの荷物が片付いております。僕の個人的な荷物は一切片付いてませんけども。片付ける気がない感じですけども。いい加減周りに段ボール箱が無くなってきたら片付けようと思います。もしくは隠すか。まぁ、片付けるでしょう。捨てるものも結構あるしね。あと、ここ数日古株の人間と話してたのは、なんだか心に穴があいたような一抹の寂しさの感じ。どうもね、縄張りというか今まで会社の隅々に染み込んでいた匂いが無くなったことによりそうなんですよ。今回の引っ越しではこないだ入ってきた新人さんたちが活躍しまして、まぁ古株は仕事に集中できたからいいんですけど、とにかく家具とか電化製品とか小物とか備品を新しくしたんですが、それらは全て新人さんチョイスなんですね。まぁ、新人さんと言っても二十代後半ですでに社会経験ありの信頼できる人たちだからそれ自体に文句は一切ないんですけど。問題は、そうなったときに、古株の僕らが場慣れしてないお客さんみたいな気がするわけですよ。いや、別に問題ではないのだけども。問題ではないのだけど、どうしようもなく一抹の寂しさがあるわけです。まぁ、そのうち慣れるんでしょうけど。あと、便利になった事もありますわ。オフィス用のウン百万だかするスキャナーでファックスでレーザープリンタな代物が新しくなりまして、OSXを使っている場合、そのスキャナーで取り込んだファイルを直接パソコンに送る事ができるのです。ファックスですから自動紙送り装置(何といえばいいのか分からない)がありますから、何十枚という紙を自動でスキャニングする事が可能。スキャンしたものも、JPGにしたりPDFにしたりできるんです。便利。超便利。今まで使っていたものはWindowsでしか一括で取り込めず、Macだと一枚一枚ちまちまと取り込まなくてはいけなかったんですが、何枚でも自動でいけるようになりました。便利だ。