読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はレノンズデー

久しぶりに保育園。みんな暖かく迎え入れてくれるのだけど、タロはなんだか微妙な感じ。僕にしがみついて離れようとはしない。けっこう久々だからなぁ。そしてとてもかわいい。
あと、タロが久々という事は僕も久々という事で、正直へばった。保育園までの道のりとか坂道とかで結構足腰にきた。こんな数日でここまでかと思う程。筋力はトレーニングを1日サボると戻すのに3日かかるなんて言われますけども、そういうもんだなぁ。そろそろ自転車でもいいんじゃないかとか思いつつ、汗だくで保育園。マイタオルを持って行くのも忘れたので、タロのストックから一枚拝借。汗を拭き拭き出社。昨日の根っこから再編話を具体化するために奔走。ありえない。僕は別の角度からヘルプとして入ったのだけども、気がついたら最古参である。しかし、デザイン部なので内容にはほとんどタッチしていない。タッチし始めるとキリがなくなるし、デザインに集中しないと間に合わないスケジュールでもあったのだ。まぁ困りましたよ。とりあえず派遣さんに現状説明したものの、その後現状の確認からはじまるという体たらく。何が起こったのかを説明する事はできるけれども、それを乗り越えるための情報としての現状をあまり知らないのである。しかしまぁ、年に一度はこういう状況になっている気がする。学習しないとな。まぁ、学習したから遠巻きに見てたのだけど、気がつけば当事者である。同じ会社で起こっていることを見て見ぬ振りしてもろくな事にはならないなぁ。ちゃんとしておこう。まぁ、週末なので気合い的にも入りづらく、もろもろ実働するのは来週になりそうです。打ち合わせのアポとったり、別の仕事で忘年会に呼ばれたり。いかないわけにもいくまい。というか面白そうなので行きたい。辛い事ばかりでは僕も折れてしまうからね。前に一度馬鹿正直に頑張りすぎて折れた事があるのだけど、そこから学んだのは、自分が折れる程頑張っても誰も救われないという事だ。仕事は、もし明日自分が死んでも残された人が困らないように、段取りを公開しておいたりしておかなくてはいけないということだ。そうすることで、個人が頑張りすぎる事も回避できるし。さて、とりあえずなんとかしないといけないヤマがあるので、会社から帰ってきても思い出すたびに憂鬱になるのだけども、当然の事ながら憂鬱になっても自分が苦しいだけで何も解決しないしな。悲劇の主人公気分で自分に酔う事がいかに無責任で無能かということを肝に銘じて、無理矢理なポジティブを発揮せねばなるまいて。口調が爺さんだ。疲れてるな、俺。