読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は障害者の日

休み〜。慣れない土壇場交渉とかに走り回ったので、脳がダルい。朝飯を食ってまたすぐに横になるとあっさり眠れた。
昼頃に起きかけてまどろんでいるところに地震。あわてて飛び起きる。とにかくヨメちゃんとタロの無事を確認。いや、そんな大層な揺れではないのだけども、子どもが生まれてからはなんとなくそういうふうに体が動いてしまうのです。おかげで目が覚めたのでタロと遊んだり昼飯食ったり功名が辻の再放送見たり。さすがに仲間由紀恵のメイクもそうとう老けたものになってきた。次回が最終回だもんなぁ。大河を全部見たのは初めてかな。朝ドラならあるんだけどね。いや、北海道でフリーランスだった時は、とにかくかなりの時間テレビ見てたから、見たような気もするな。んー。おかげで高知に行きたくなったりしてしまうほど功名が辻はのめりこんで見た。けっこうスパイスとしてギャグとかノロケとか入っていて、それでいてやはり国営放送というしっかりした土台があって、安心してみる事ができました。いやいや、まだ終わってないや。で、まだあんまり本調子じゃないので昼寝。といっても午前中も寝たのであまり眠れず。まぁ、横になったので調子は良くなりましたけどね。しばらくタロと遊び、晩ご飯をいただく。今日の晩飯は美味かった。あとはタロさんのお風呂、寝かしつけ。寝かしつけの間に僕は家を抜け出してレンタルDVDの返却。姑獲鳥の夏ですわ。見ましたよヨメちゃんと。ヨメちゃんは原作読んでないんですけどね。で、見終わって二人で話した結果、原作読んだ人にはつまらないし、原作読んでない人にはわからない。なんでしょうかねこれは。原作読んだ者としては、そこは気持ち悪いけど怖いのとは違うというところがあったかな。もっと心理的に病んでる感じが関口さんに欲しかった。良かったところを言うと、榎木津と木場修の配役。両方とも役の面白さ出てなかったけど。あと、映画の内容とか全く関係のないところで原田知世が好きだから見れてよかった。あと、松尾スズキが出た瞬間笑った。なんでしょうかね。原作が長過ぎるのかな。原作者(水木しげる役!)の登場シーンが長過ぎるのかな。画面がチカチカして原田知世の耳元で憑物落しを仕掛けたところだけ良かった。ちかちかしてムカついたけど。来週実家に帰るので、姑獲鳥の夏をもう一度読もう。なんだか映像でダイジェストを見せられた感じなので、もともと薄れていた原作の記憶がかなり曖昧になって壊れてしまったので。って、日記じゃないところで書くような内容棚これは。まぁ、とくに今日は何もしなかったのでこんな感じですわ。