読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はケーキの日

昨日は年初めということもあり早めに帰れたのでタロの寝かしつけをしてたら家族全員寝てしもうた。起きたら夜中の1時過ぎで、着替えてまた寝た。ということで昨日の日記はなし。ここから今日の話。
ここから続きかよ。まぁいいか。今日は休日でしたが雨降りでしたので一日中家にいました。タロをかかえてぐるぐる回したりとか、肩車したけど楽しんでくれているのかが僕からは確認できないとか、なんかそういうことをしていたら一日が終わった。いやうそ。ニンテンドーDSに激はまり。脳トレと英語漬けでかるく2時間はつぶせる。というか脳トレでおまけとして落ちものゲームがついていることが判明してしまい、どっぷりはまった。いかん。ヨメちゃんははまりすぎて今もやっている。脳トレでもなんでもない感じだ。英語漬けはめちゃくちゃいいよ。漠然と英語を勉強しないとなぁと思っているが別に本気ではない、という人にピッタリです。つまり僕にピッタリ。基本的には喋りを聞いて、それを書き留めるという方式。中学生英語で十分な単語でさくさくと進む。虫食いで一文字一文字確認しながら進めるので、詰まることもほとんどない。そうですよ。そのさくさく感が欲しかった。俺は喋れないけど読み書きならそこはかとなくできるんだぜベイベェ、という人になれるかも知れない。なれないかも知れない。まぁ正にゲーム感覚で学べるのでよい。ただしこれで学生が勉強できるわけではないので要注意だ。学校行って役に立つんだかわからないとか思いながら国数理社英をこなし、あぁ結構学校の勉強って大事だなぁとか思い始めた30代にやるから良いのである。細かい話はしないけども。分かるように説明できる気がしないし。大人になったら分かる、という無責任な魔法の言葉は、無責任かも知れないが間違ってはいないのです。あと今、正月に実家で見つけた小説をタイピング中。なんかサスペンス&アクションっぽいものをどうにかしようとして失敗したような内容。当時なんかいろいろクリエイトしたいと思ってて、小説なんてどうだろうと思い立ち、書いては消し書いては消しして、どこかで小説は最後まで書ききらないと意味がないみたいなことを読んで、どうやったら最後までかけるかどうか考えて、キーボード(当時はワープロだった)じゃなくて、手書きで、とにかくノンストップで書きなぐれば進めるんじゃないかと考えて書きなぐったやつのノートです。今書いている1000文字日記の原型がここにある。