読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色のダーマト

ダーマト、正式にはダーマトグラフといいまして、外科医が皮膚に印をつけるために開発された由来を持つくらい何にでも書ける色鉛筆。ポジフィルムやPPかかった色校にも書けるので、出版業界なら知ってる人多いんじゃないかな。これの黄色を最近多用するようになってきた。
もともとマーカーとして優秀だった。蛍光ペンの代わりと考えてもらえればいい。色鉛筆だからキャップしなくていいのも魅力。発色も綺麗だし、ちゃんと見えるけど文章の邪魔はしないくらいの絶妙さ。印はつけたいけどあんまり目立たせたくないときに便利。
これに最近、あたらしい使い方を見つけた。それは「塗る」。たとえば、紙面のラフ書いて、ここは重要なスペースだよ—と知らせたいときに黄色のダーマトで塗る。こことここは素同じ色敷いて揃えたいというときに塗る。白い紙に黄色って、面で塗ってもまだ目立ちすぎていない。でも意図はは伝わる程度には見える。優秀だわ黄色のダーマト。まぁ、文字書いても読みづらいとこが難点なんだけど。