読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キープリスト


電子書籍の書店 Reader Store にはキープリストがある。購入システムであるカートに入れる前に、文字通りキープしておくためのリストだ。そこからまとめてカートに入れて買うこともできる。これが「本を買う」ことに新しい感覚をもたらしてくれている。
私は、気になった本はその場で買う派だ。買って手元に置けば、売り切れも廃盤も関係ない、読むか読まないかは自分の気持ち一つで決められる。自分の本棚にさしたまま忘れていて、ある日突然に名著を「発見」することもある。これは欲しいときに手に入れられる財力を持った大人ならではの楽しみである。しかし、買ってはみたものの読まないまま放置され、そのまま売ってしまう本があるのも確かなのだ。もったいないと取っておくと読まない本で埋まってしまうから、仕方なしに売る。作者に幾ばくかのお金が回るのが救いだが、やはり損をした気もする。それを解決するのがキープリストだ。
キープリストに本を登録した状態を、欲しい本が自分の本棚にある、しかし購入はしていない状態と考える。読むときに買う。そうすると、今までの本とのつきあい方は変わらず、ただ本代が節約されるのである。この感覚はなかなかに嬉しい。