読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠不足について調べてみた

ここのところずっと睡眠不足である。睡眠不足だと太るとか聞くし、実際太った。そもそも一日中ぼーっとしてる。頑張れば何時間かは動けるけど、ろくなもんじゃない。
起きる時間を遅くはできないので、もう早く寝るしかない。それを自分に守らせるために、ちょっと「睡眠不足」で検索してみたところ、まとまってる文章があったので引用&コメントしておく。

■睡眠不足は万病のもと→ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1549

最も死亡率が低かったのは6.5〜7.4時間。これを底として、グラフはU字型を描き、睡眠時間が短くても長くても死亡率は上昇していく。

寝すぎも寝なさすぎも死ぬってさ。

 まず睡眠不足は、交感神経を緊張させて高血圧になりやすくなる。またインスリンの分泌が減少し、血糖値が高くなり、糖尿病発症のリスクが高まる。

眠いのに緊張している変な状態と言うことか?

 また、食欲を抑制し、脂肪を燃やし、代謝を亢進(こうしん)する働きを持つレプチンというホルモンが減少する。これによって食欲が増し、代謝や脂肪燃焼は減り、結果として肥満になる。

代謝しないのに食欲が出る。それは太るわ。確かに夜食っちゃうんだよなぁ。我慢して食べないのではなくて寝てしまえということか。

入浴は、お湯の温度と入る時間が問題。寝る2〜3時間前に、ぬるめのお湯に入ること。(略)人は、深部体温が低下していく時に、眠りに入る。遅い時間に入ったり、熱いお湯に入ると、深部温度が下がりにくくなるのだ。

ぬるいのがポイント。夏はエアコンで冷えるから芯まで温まった方が良さそうだけど、それでもやっぱぬるいお湯でゆっくりの方がいいんだろうなぁ。
寝酒の話とか食事の話とかも書いてあるので、気になったら元記事をご覧ください。