読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はチンチン電車の日

久しぶりに〜保育園〜。こころなしか早めに家を出て、足取りも軽く保育園に行きましたが、保育園で熱計ったら37度9分。そのまま引き返しました。ありえねー。めちゃめちゃ元気なのに。そういうものなのですねぇ。帰り道の途中でヨメちゃんにヘルプ。すんません、帰ってきてください。とりあえず飯を食べさせたりしながら待つ。昼頃にヨメちゃん帰宅。暑いのでタロといっしょに水浴びをしてから出社。新人さんにレクチャーしながら増えた仕事を片づけようと気合いを入れたら新人さんお休み。かるく肩すかしを食らいましたが、まぁ仕事はいっぱいあるさと、お休みのデザイナーさんのマシンを起動。んー、一個一個開けてみないと、どれがどのファイルなのかさっぱり解らない。さらに部品だけが別になったりして、もう何が何だか。これは困ったなぁ。ファイルの場所は大体聞いていたのだけど、逆に言うと場所しか聞いてなかった。作り方を聞いてないのです。まぁ、時間かければできる範囲なのだけど、時間がありません。というわけで、出だしでこけた一日は、結局挽回することもなく、こけっぱなしで終わりました。なんだかなぁ。でもやることはいっぱいあるのね。これは久しぶりに、やることを全て付箋に書いてモニタの淵に貼り、終わった物からどんどんはがしていくというパターンになるかなぁ。書き出さないと頭が混乱するし、目に見えるところに書いておかないと忘れるんですよ、頭がフローしはじめると。もうちょっと時間があればPalmで管理とかするんですが。いよいよとなったら紙です。でまぁ、そんなひっちゃかめっちゃかやってたら、結構な作業が終わり、かつそれを見ていた編集さんが仕事を減らしてくれたので、楽になりました。帰宅して晩飯を食いながら、ヨメちゃんと「プロ野球の人気低迷の原因を探り、再生させるにはどうしたらいいのか」について熱く語った。小一時間くらい語る。僕としては、とにかく素人にも解るレベルの小さな祭りをいくつか挟み込まねばという感じ。毎日やってるんだったら今日見なくていいし。今日見なくていいということは興味なくていい。なんという駄洒落を今思いついたから書いておく。これだけ刺激の多い世の中で、見ている方にたいした配慮のない番組をゴールデンタイムで放送するのは無理ですよ。しかも毎日。甲子園は燃えましたが、たとえばそれは一回負けるとお終いという緊張感が生み出した部分もあると思うわけです。そこまでせっぱ詰まらなくてもいいけれど、とにかく緊張感を感じたい。