読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はマッチの日

diary

酒飲んでガーガー寝てたらヨメちゃんから電話。ゴミ出しといてー。ほいほいとゴミを出すものの眠くてバタンキュー。二時間くらい昼寝してしまった。もったいない。しかしすることもなく、ぼーっとネットなどを散策して、そういえば昨日風呂に入ってないと思い立ち風呂を沸かす。するとヨメちゃんからまた電話。タロが発熱したそうな。もともと食い悪かったところに、長旅とはしゃぎすぎがたたったんでしょうか。40度ちかくでているようです。とりあえず病院に行ったようで、お薬飲んで安静にしているとか。まぁ、様子見るほかない感じですかね。とりあえず遠く東京にいる僕は何をしようかということで、とくに何もせずにぼーっとしてました。ベランダでタバコ吸いながらぼー。とか。夕方になり、漠然と休みがあったらやろうと考えていたことを実行。まぁ、レンタルDVD借りて、見ながらビール飲むというだけなんですけどね。やっぱ子どもが赤ん坊だとなかなかできないわけですよ。で、自転車でさーっとレンタル屋行こうと思ったら、ありえないほど空気が減っていたので徒歩に変更。うだうだと歩きながら、新装開店したTUTAYAに。今までそうとう狭い感じだったのを改装して、階段を二カ所にしたりして客の流れを良くしたような感じでした。しかも新装開店だからか妙に混んでいて、レジには長蛇の列。さらに並んでいたら続々人が入ってくる。まぁ、この辺あんまりレンタル屋ないしねぇ。ちなみに今日借りたのは「ファンタスティック・フォー」と「Mr.&Mrs.スミス」です。もうハリウッド万歳的な感じ。もうね、何も考えないで楽しめるのが見たかった。なんつーの。こう、悪がいて、どーんと倒してスカッとするとか。もうとにかく拳銃打ちまくってドーンみたいな。ちょっとタロさんが熱出して寝込んでるときになんでそんなもんみてるんだという感もあるわけですけども。面白かったです。特に内容について言及しても仕方ないから何も言いませんけども、見終わった瞬間に何も考えてない自分が居たということで、とにかく娯楽というものはそうあって欲しいと。映画とか芸術と言い出すとそういうわけにはいかないですけども、娯楽と考えるととにっかう面白ければいいわけです。これでいろんなことに配慮はされてるわけですよ。なんつーの、その差別的なこととかそういう自主規制みたいなのはクリアしてるわけです。それでいてこの娯楽に徹するすばらしさ。あらためてハリウッドのすごさを感じたわけです。はい。

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [DVD]

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [DVD]