読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はドイツ統一の日

間違った。昨日10月2日の日記のタイトルを3日の記念日にしていた。こっそり変えておいた。そして恥ずかしいので今日のタイトルは昨日とは違うものにした。今まで何にしていたかというのは教えない。まぁ、そんなこんなで保育園。最近タロは保育園が近くなるとはしゃぎだす。特に手前にある(親の)心臓破りの坂が見えるとはしゃぐ。単純に上り坂を好んでいるのかもしれないけどね。でも保育室につくともううれしさ大爆発で高速ハイハイ。多分ベビーカーだと身動きとれないからだと思う。そして保育室にいくまでは抱っこだから、これまた自分の好きなようには動けない。そこから解放されたらもう、ってな感じか。高速ハイハイはするけど歩きはしない。そろそろ歩いてもいい頃なんだけどなぁ。数ヶ月上の周りの子はすでに歩いているので少々焦る。まぁ、そんなもん競っても仕方ないし、そのうち歩く前は楽だったとか言うんだろうけど。これまで、お前は少し落ち着けというくらいに進歩が早かったのでね。まぁ、それはそうとして会社。派遣さん2日目。仕事ができる人なので、まかせるストックがなくなって、当初僕がやる予定だったものまでやってもらっている。楽である。派遣というのは使う立場になってみるととても便利だ。いきなり仕事できるし、忙しい時期を過ぎれば契約切れるし。スキル以外の人間的な部分でも、編集さんともうまくやっているようで何よりです。その分僕が疎外感を感じたりしますが、やることいっぱいあるので特に問題ない。というか、いろいろ指示する立場になると、実作業というのはやってられないものだねぇ。まぁやってるんですけど。そしたらいろんなところからデータこないとか開けないとか送ってくれだとかここだけ作ってくれだとか言われる。便利屋に近い。マシンのセットアップもやってるし、なにかソフト的に問題があっても対処している。俺も便利だ。今日はこれまでパーツに分けて作っていたものを一つにまとめてプリントしてみた。特に意味はないかもしれないが、総括して現状認識すると無駄な不安とかがなくなる。結構いけるんじゃないかとか思ってきた。油断だ。夜早めに帰ろうと思ったところに、最後のマシンの設置を頼まれる。バイトさんのマシンが壊れてたのをもう一人のデザイナーさんがシステム入れ替えてくれていた。それを移動して実際の席に設置してメールの設定して終了。明日ちょっとそのマシンの位置をずらしたり棚を調整したりするのが残っているが、それをクリアすればこの一連のマシンセットアップキャンペーンは終了。とりあえず本来の業務だけに集中できるようになる。まぁ、まだ社内がぎくしゃくしているので、人間関係の面倒なのは再発するかもしれないけど。