読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はウィンクの日

今朝はもうタロが激泣きで困った。抱っこしても何しても泣き止まず、しかたないので泣かせたまま洗濯もの干したりとか。ヨメちゃんが出かけるとさらにエスカレート。もうどうにも止まらない。
最終手段として、抱っこしてベランダに出ると泣き止む。道行く人を見下ろして、おー、とか言っている。しかしこのままでは出かけられないので、心を鬼にして室内へ。思った通り激泣き。激泣きの中で用事を済ませるのはストレスかかりすぎて凹むんだよなぁ。まぁ仕方ないけども。なんだかんだ用意して、泣きすぎて汗だくのタロを抱っこして家を出る。出たとたんに泣き止む。現金なもんだ。ベビーカーにのせて動き出すと、いっそ楽しそう。まぁ、ずっと遊んであげていたいけども、そういうわけにはいかんのだ。いい感じの中間点を探すしかないなぁ。もうすぐ一歳だから、いろいろ分かってきてるんだろうなぁと思う。あわてたおかげで今日は9時前に家を出ることができたので、保育園にも早く着いた。なもんで、タロはおやつにありつく。さすがに食ってるときに間に合えばもらえるのだ。ちょこりんと座ってビスケットをモグモグ食っていた。おもしろかわいい。会社へ向かう道すがら、いつもすれ違う同じ保育園のお父さんとかお母さんと挨拶を交わす。よく考えたら、こんなに年下とか年上とかの大人と、道ばたで挨拶をするなんてのは、子どもが保育園に行ってなかったらありえないなぁ。まぁ、挨拶だけなんだけどね。そこが人見知り気質だなぁ。父母説明会も運動会も出てないので、いまいちあと一歩近づく機会がない。まぁ、機会がなくても近づく人は近づくんだけどな。ヨメちゃんとか、普通に同じ組のお母さんと一緒に途中まで帰ってきたりしている。そういう能力が僕にあったら、もっと生きていくのが楽なんだけどなぁとか思うけど、そうすると多分なにか今の自分とは違う生き物になってしまうので、やっぱ今のままでいいや。ヨメちゃんだっていろいろ大変だろうしな。今日も仕事はいろいろ電話したり打ち合わせしたりで大半が過ぎた。なんかこういう仕事にシフトしてから日が浅いせいか、だんだん不安になってきたわ。なにも作らないので、例えば誰かに「お前は何も仕事してないじゃないか」と言われたら、言い返すのがすごい面倒だと思う。仕事はしてるから言おうと思えば言えるのだけど、なんか疲れると思うわけです。なぁ。会社でタロにと誕生日プレゼントをもらいました。明日はタロの誕生日だからね。絶対に早く帰ろう。