読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次世代 DVD、どっちだっていい

news

次世代 DVD 規格の行方はどうなるのだろうか。ユーザーは迷惑しているようだが、覇権を争うのはソニーや松下主導の「Blu-ray Disc」と東芝主導の「HD DVD」だ。今年になってどちらも対応プレーヤーを発売した。
インターネットコム株式会社と goo リサーチが行った調査によると、購入する予定の次世代 DVD 規格は「Blu-ray Disc」がわずかに優勢となったが、約半数は「決着がつくまでどちらも購入しない」と回答している。


そらそうだ。ビデオのベータとVHSだって、性能が高いのはベータだったんですよ。でも普及したのはVHSだったから、みんなVHSを使ったんだ。どんだけすごい性能でも、知り合いが誰も持ってないとかレンタル屋に並んでなければ、ソフトを楽しむ機会が失われる。まぁ、普及させるための売り文句として高性能というのはアリなんですけどね。
僕だけじゃないと思うんだけど、このままだと次世代規格自体の不要論がでてくるでしょ。今のDVDでいいじゃん、みたいな。ネットが速くなればデータで直接やり取りすればいいじゃん、みたいな。そんなことはないんだけど、ここまで面倒だと嫌気が先にくるよね。逆に、どっちも見られるプレイヤーが欲しいとかね。でもそれは無駄に高いんだろうから、あまりよろしくないんだけども。
このままだと、エンターテインメントメディアとしてのディスクとしては双方とも死にますよね。UMDみたいに。たぶん、第三の規格がSDカードの拡張版みたいなことで出てくるんじゃないだろうか。個人的には音楽にしろ映像にしろ、メディアは回転していて欲しいんですけどね。ただのノスタルジーですけどね。